健康腰痛ストレッチの実践

PAGETITLE
腰痛を起こす人は姿勢が悪いことが原因となっています。姿勢というのは、日常生活において知らないうちに癖になっているもので、猫背やストレートネックなども姿勢が悪いことからきています。腰痛を治すにはまず姿勢の改善が必要になるので、体操やストレッチをやることも方法の一つです。

ストレッチをすることは腰痛を改善させますが、腰の筋肉が硬くなって伸びなくなっている人は、まず腰を伸ばすことから始めることです。腰を伸ばすということは、立っている状態での前屈でも腰は伸びますが、この姿勢はどちらかというと負荷も掛かりやすいので、長座の姿勢で腰を伸ばすストレッチだと負荷も自分で調節できます。長座の姿勢で両足をそろえて伸ばす方法の他にも、股関節も一緒に伸ばすようにすると効果があります。長座になっている状態で両足をできるだけ広げて、そして上半身を前に倒すようにすると股関節と一緒に腰が伸びますので、腰痛の人にとってはやりやすいストレッチです。そして、最も簡単に腰を伸ばす体操では、仰向けに寝た状態から両膝を抱え込んで胸に引きつけると、腰が伸びてきます。健康を考えて寝る前にやってもいいですし、腰が痛い人でも無理な体勢ではないのでやりやすいです。

イチオシサイト