心身ともに健康であるためには

PAGETITLE
心身ともに健康であるためには、ストレスに負けない体づくりをしていく必要があります。そのためには、やはり食生活が重要になってくるでしょう。心身の不調の原因の多くは、不規則な食生活です。暴飲暴食がいけないと言うことは、ほとんどの人が知っているでしょう。しかし、早食いやながら食いもいけません。仕事が忙しい人は、早食いやながら食いをしがちです。肥満の原因になると言うことを頭に入れておきましょう。もちろん、そうした食べ方はリラックスできないので、ストレスがなかなか解消されません。

しかし、仕事が忙しいのでゆっくり食べられないと言う人もいます。そんな人はせめて、ストレスに強い体をつくる栄養素が含まれているものを意識して食べるようにすることです。代表的なのは、カルシウムやビタミンCでしょう。カルシウムは副作用がない精神安定剤とも言われています。不足するとイライラだけでなく、不眠を引き起こすので注意しましょう。ビタミンCは、体の抵抗力を強める力があるので、ストレスを減少させることにつながります。ビタミンCと言うとレモンと言うイメージがありますが、赤ピーマンや芽キャベツなどの野菜にも豊富に含まれています。

イチオシサイト