健康というものは人にとって素晴らしいもの

PAGETITLE
私は産まれて、すぐに病気を発症し一生、治らない病気と生きる事になりました。そのせいか病院への入退院、通院の繰り返しでした。大人になっても通院ばかりで経済的にも働けなかったりして苦しい生活です。こんな時は本当に健康だったら制限されず、なんでもやれるのになと悲しくなります。どうして私だけがというのになりました。

病院との生活でしたいことも限られて皆と同じようにできないことが悲しく生きてる価値がないと感じていました。本当に健康の人が羨ましく求人への応募や面接などでも持病や障害などがあるだけど白い目でみられたり面接さえしてくれない会社や面接で差別されたりされ、ショックでした。また保険でも健康の方ばかりで特別扱いし持病や障害ある方には生きる価値もないよう入らせないで切り捨てのように扱い保険さえも入れない方々が沢山いて私自身も病気だけで差別され保険にくるなというように扱われて同じ人間なのに好きで病気や障害などなった人はいないし運命だったから、そんな運命にもめけず、その運命を大切にし前向きに生きて目標に向かってる方が多いのに、こんなにも政府が差別するようなことばかりを放置をし、余計なことばかりで、もっと大切なことをしてほしいと悲しくなりました。本当に病気ある方たちは健康というものには敏感で大切にしています。

イチオシサイト